享仙居グリルテーブル

享仙居グリルテーブル

湖南裁判所ネットワーク 先日,漢寿県人民法院缶詰嘴法廷は便民訴訟である,麻痺した被告の家を巡回して親権紛争事件を審理した,地元の人々から称賛された。

周某(女)陳某と(男)夫婦だった,結婚後に女児を出産した陳さん,現在9歳。性格の不一致などが原因で,周さんと陳さんは2011年4月経漢寿県人民法院調停離婚。離婚時,双方は娘を陳さんが直接育てることを約束した,周さんは養育費を負担している。周某氏2017年11月来漢寿裁判所缶詰嘴法廷起訴,娘の陳さんの親権変更を要求,周さんが直接養育する,陳さんが養育費を負担する必要はありません。

この事件を受理した後,担当裁判官はコピーを配達した時、陳氏が2015年に出稼ぎ中に誤って高いところから転落,脊椎損傷による両下肢麻痺,行動がきわめて不便である,当事者が裁判に参加しやすいように,引受裁判官はこの事件を審理するために訪問することにした。,開廷場所を陳被告の自宅に定める,そしてすぐに元の、被告双方は開廷伝票を送った。

当日,旧暦の大雪の時期にあたる,天気がじめじめして陰気で寒い,午後3時,この特別な裁判は漢寿県洲口町にある陳さんの家で行われた。条件によって制限されるため,陳さんの家には裁判席を配置するのに十分な机や椅子がない。,判事、書記員と双方の当事者は2枚の寄せ集められた火焼きテーブルを囲んで座ることができるだけだ。条件は粗末だが,しかし、裁判の過程は依然として厳粛で威厳がある。傍聴に来た大衆は椅子の数が足りなかったので,たいていは堂屋の入り口を囲んで立っている,しかし、皆は法廷秩序を守ることを自覚している。2時間以上にわたって,裁判が終わる。裁判で中原を審問する、被告双方は合意に至らなかった,引受裁判官はこの事件に対して期日を選んで判決を下すことにした。。

寒い天気は人民裁判官が人民に奉仕する足どりを阻むことはできない,今回の巡回裁判活動の展開,地元の人々のために生き生きとした法治の授業を受けた,同時に人民裁判官の司法を民のためとするイメージもさらに深く浸透している,より良い法的効果と社会的効果を得た。


著作権表示

1.当サイトは業界規範に従い、転載した原稿は著者と出所を明確に表示します。2.当サイトのオリジナル文章は、転載時に必ず文章の著者と出所を明記してください。オリジナル行為を尊重しない場合、私たちは責任を追及します。3.著者の投稿は私たちの編集によって修正または補充することができます。

分け合う:

扫一扫在手机阅读、分享本文