プラグテーブル

初めて村に入って新年を祝う,摘みたての青菜は実に新鮮で甘い,青菜もこんなにおいしいのかと初めて知りました,前の市場で買ったものとは比べ物にならないよ。。豆腐も叔母が自分で作ったもの,そして自分で作った醸造豆腐。鶏も自分で飼っています,豚も自分の他の村の人が買って殺したものだ,魚は生け簀から朝引き上げたばかりで殺したばかりだ。

プラグテーブル

(プラグテーブル)

1つの感覚は最も新鮮で自分で飼っていることです/植えたものが一番おいしいです,どうやって調理するかは実は二の次です。ほら《舌の先の中国》ドキュメンタリーの村人漁家たちは、最も原始的な粗雑な方法で調理している,わかった。いとこの家で植えた数百ムーのへその緒オレンジは本当に甘い,大きいのは1斤余りある,すでに当地で名声を博している。現在は供給不足の段階にある,買いたい方は来年はお早めに。

プラグテーブル

甘くて汚染されていない緑の野菜を除いて,最大の感慨は費孝通の《郷土中国》中身が出てきました,前は本を読むだけで何も感じなかった,実地に溶け込んで初めて宗族と中国の最も広大な農村の末端の理論を体得することができる。

山上村は6つの自然村を管轄している,私たちがいる下書嶺は最大で最も金持ちです,ネーブルオレンジが有名。全部で200複数世帯,ほとんどの姓は李です,隣のいくつかの村も李姓で分けられている。いとこが新しい家を建てたばかりだ,みんなでいっしょに住んでいる,本に書いてあるように,両親と3人の子と妻の夫と下の子が一緒に住んでいます,どうやら3世同堂だ。

昨年3階建ての大別荘を新築した,階層ごとの高さ2メートル+,おおよそ120平上,3つの寝室,単独キッチン、応接間,テラスが完備されています,ドアを閉めても影響はありません。村を一周する,多くの家がこのような立派な一軒家の小さな洋館です,ただし外観、内装も見た目もイマイチ,水っぽい大理石、ローマ柱,市内も大理石タイル張り壁面,もともと寒い湖南省の冬をもっと寒く見せる,まだいい人が多い,そんなに寂しくは見えない。私が最初に入ったのはホテルのような感じだった,家ではなく,白い石はあまり家の温かみがない。

プラグテーブル

近所にはいろいろな親戚が住んでいる,叔母叔父のいとこと義姉とは,そもそも,この80戸はみな縁故があるかもしれない。お互いの仲がだいぶ親しくなったように見える,特に正月はここ数日,さまざまな相互アクセス。大晦日のいわゆるおせちと北、都市とは全く違う,昼からです,一軒一軒の食事、飲み干す,開始1時から午後まで4点,大体4,5軒食べてやっと仕事が終わる。私たちのような初心者は誰も指図していない,最初の親戚の二番目のおばさんのところで満腹になった,おばさんの家に帰ってまた戦争を始めた,テーブルいっぱいの硬い料理を見て,私たちは挨拶しかできません,2口食べ放題。次の家は行かない,ほんとうにおなかがいっぱいです。

プラグテーブル

一言余計に言う:この気温では,料理は実はすぐに冷めてしまう,基本的にすべての料理が揃う,全員満席,料理はもう8割冷めた。まあまあ温かいご飯のまま,盛り立ての温かいスープをかける,スピードで何口かかき集める。暖房の効いた家でゆっくりとグラスを押して取り替えるのは私たちにとって頼りないことです。もちろん地元の人はこの寒さにとっくに慣れている,いつも冷たいご飯と冷たい料理だけで食べてしまう,不快感もない。

農村の正月の雰囲気は確かに都市よりずっと強くなった。最も盛大なのはドラゴンダンスです,地元の人は“竜を囲む”——竜は宗祠から出てきた,そして村の外を一周します,どらや太鼓を鳴らす、爆竹が一斉に鳴る,とてもにぎやかです。1匹の竜が少ないのは350人だ,多いのは8100人でなければ踊れない。上下反転,走り出す,踊りだす,とてもきれいです,爆竹が炸裂する煙の中で,黄色の赤色の緑色の竜が互いに照り映えている,竜が水を出すように泳ぐ,人間のものではない。

プラグテーブル

南の湿った寒い冬にいたことのある人はみな知っている,冷蔵庫に住むとは,しかも真ん中の階。室内室外の温度,正確には室外の方が暖かい,外を歩いているのは少なくとも家で座っているよりはましだから。家の中でもボールのように包まれている,ダウンジャケットは脱がせない,帽子マフラーも必須。門は常に開いている,窓も大きく開けて,夜寝るときだけドアを閉める。

暖房はありません,エアコン部分は家にあります,家が大きすぎるから,あっても滅多に咲かない,普通の小さなエアコンでは暖房の役割はまったくありません。でもどの家にも火を焼くためのプラグテーブルがあります,みんなはたいてい用事がなくても火のテーブルを囲んでいる,足を乗せる、足を突っ込む,毛布で覆ってある,そして人の手には小さな昔ながらの炭火鉢が,非常にポータブル,どこへ行っても自分で持っていくことができる,手を焼く、足を焼いてもいいです。

(プラグテーブル)プラグテーブル

ここ数日の夜寝る,秋の下着を脱いだことがない,靴下。北だろ,気温が低いのを見て,とても寒い,でも実際にはそれほど寒くありません;南方,温度計を見ると10°それほど低くはありません,でも降り続く雨は、曇り空,太陽が珍しい,実際の体感は骨髄に潜り込んだような冷たさです。どうせ私は朝から布団を出た,手足はずっと冷たい。

私は考えている,もし私がこのような環境で10日半滞在したら,麻痺してしまうのではないでしょうか?


著作権表示

1.当サイトは業界規範に従い、転載した原稿は著者と出所を明確に表示します。2.当サイトのオリジナル文章は、転載時に必ず文章の著者と出所を明記してください。オリジナル行為を尊重しない場合、私たちは責任を追及します。3.著者の投稿は私たちの編集によって修正または補充することができます。

分け合う:

扫一扫在手机阅读、分享本文