火焼テーブルの木行

赤網長沙12月27日の便り(瀟湘朝刊記者 陳斌 実習生 張沁 李雨恒)近日,瀏陽永安鎮豊裕コミュニティ上排村の伍女史の家で火災が発生した,その5歳の娘アン(文中はすべて仮名である)および59歳の義父・柳父父は火傷がひどい,妊娠中の姉、柳さんに軽いけが。瀏陽市人民病院の医療スタッフは,現在、安安安と柳父はまだ危険を脱していない。

23日午後4時ごろ,柳さんとアンさんと柳さんの娘は小さい(2歳半)リビングで火をあぶりながらテレビを見ている,“突然火にあたった布団が燃えた。”柳さんは,見安安の体に火がついている,彼女はアンをトイレに抱いた,火を冷水で消そうとする。応接間で火事が急速に広がった,柳さんと二人の子供,救助に駆けつけた柳父もトイレに閉じ込められていた,大声で助けを呼ぶしかない。助けを呼ぶのを聞いて,隣人が力を合わせて火を消し止める,4人が部屋から逃げ出す,後に救急搬送。記者は,柳さんが当日焼いたのは石炭ストーブだった,グリルテーブルはまた木製,上には布団もかけられています,火災を引き起こす可能性があります。

(火焼テーブルの木行)ここで市民に注意する,冬の火焼きには隠れた危険がある,特に石炭ストーブで暖房する,より安全に注意する必要があります。


著作権表示

1.当サイトは業界規範に従い、転載した原稿は著者と出所を明確に表示します。2.当サイトのオリジナル文章は、転載時に必ず文章の著者と出所を明記してください。オリジナル行為を尊重しない場合、私たちは責任を追及します。3.著者の投稿は私たちの編集によって修正または補充することができます。

分け合う:

扫一扫在手机阅读、分享本文